ペットが長生きするためには?

わんちゃんたちには家を選んだり、食べたい物を選んだり、試したいことを好きなときにするなどの自由がまったくありません。飼い主さんに出来ることといえば、言葉に出すことができないいぬの身になって一生を全うさせてあげることが大切です。ネコは基礎的に自分の都合で触られるのを好き好むので、何度もなでられるのを嫌がります。また、触れられるのが好き好むねんねこでも、しつこくされるとコミュニケイションを好まなくなってしまうので、なで方のポイントをおさえておきましょう。ニャンコ同士にも相性があります。野生の猫の場合であれば領分が広範囲なので、気に入らない相手がいれば触れ合うことをすり抜けられますが、限られた空間で活きる室内飼い猫の場合であればそんなに上手くいきません。ネコはバラエティに富む?顔色やしぐさ、ボディーランゲージを利用して、吾輩に呼掛けています。キャットとの連繋を楽しむために、ニャンコ語をちゃんとくみ取りましょう。群で生きるわんわんにとって飼い主はボスですが、本来単独で生きるニャンコにはそうした認識はありません。ねこにとって飼い主とは、ひと言でいえば、諸々なことをしてくれる気軽な?同居人といった感触でしょうか。野生では萎れた動物は先に敵のえじきとなるため、病患やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な場に隠れて快癒を待ちます。この特異性はニャンコももっており、コンディションが悪くなると縁の下や物置などに身を隠したてのでしょう。ドッグは人につき、ねこはおうちにつくと言い渡されていますが、これはキャットが自分の版図を他の何ものより大切にし、環境の遷移を嫌いなことを書き表した言葉です。ねここの性合は、野生時代から叩き上げられた定め事です。多忙なときに限ってといったのはにんげん意見で、猫にはそんなつもりは断じてありません。忙しく跳び回る飼い主の足に狩り出す本能が掻き乱されて、つい引っ付きまわったり、組みついたりしてしまっただけのことです。人間と同じで、わんこにも栄養のバランスは本当に大切な問題で、ドッグフードのクォリティーは値段だけで決まるワケではなく、高価だから品質が良い、格安だから悪い、といったワケではありません。飼主であるあなたはそのフードの中に、どんなものがどの程度入っているかを認識しておかなくてはいけません。日の暮れや深更になると部屋中を荒々しいスピードで駆けまわったり家具の上に飛跳ねたりするニャンニャンはすくなくありません。緊迫状態や運動不足から起こる怪奇な行動ではと心配する方もいる思いますが、これは多くのニャンニャンに見られるごく自然な態度です。

メインクーンの健康と食いつきを考えた餌はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。